キャリアチェンジの決断

キャリアチェンジとは、それまで勤めていた職種と全く違う職種へと転職することを言います。他にどうしてもやりたい仕事があり諦められなかったというケースや、このままこの仕事を続けていて良いのだろうかと今後のキャリアプランを考えて、などの理由で転職者はキャリアチェンジを決断しています。
特に30代くらい、ある程度社会人経験を積んで先のビジョンを考えるようになる年齢になって初めて真剣にキャリアチェンジを考えることが多いようです。

 

キャリアチェンジを希望する人は、そういったきっかけで転職を意識し始めるため、転職後の業種は未経験業種であることが多く、特に多い30代という年代では転職にあたってのリスクも高まります。

 

そうしていざ転職となると躊躇する人も多くいます。

 

実際に転職してキャリアチェンジを行い、成功するか失敗するかは、人によって大きく違いが出てくるでしょう。

 

未経験業種へのキャリアチェンジは、同業種でのキャリアアップを目指す転職に比べて学ぶことが多く、基礎から始めなければならないため、年収アップや待遇アップなどを望むことは難しいです。また、仕事内容や環境への過度な期待で、実際の現場を見て失望するケースも多いでしょう。

 

そのため、キャリアチェンジの転職は、現状の自分を転職によって変化させたい、その仕事内容や環境が実際にどんなものであっても経験したいという確固とした意志が必要です。

 

リスクを踏まえて、それでも転職を行なうと決断する人は、環境・待遇に関わらず満足いく転職を行なうことができるでしょう。

コンテンツ